Now is a great time to earn revenue with SQL Server 2014 upgrades!

image

SQL Server 2014: High-performance database technology affordable for SMBs

A lot of small and midsize customers are running older database software. In fact, according to a Spiceworks report, 82% are still running at least one occurrence SQL Server 20051. Now there is a tremendous opportunity to offer them the improved performance, better availability, and greater security enabled by SQL Server 2014.

Grow revenue by helping customers speed up their applications and open new opportunities in the cloud with a SQL Server 2014 upgrade.

Here are three great ways to grow your business selling SQL Server:

· Grow revenue selling SQL Server upgrade—Capitalize on a tremendous opportunity to help SMBs get their database applications up to date with an upgrade to SQL Server 2014.

· Help your customers break through database bottlenecks—SQL Server 2014 offers a range of capabilities to help address common performance bottlenecks without having to purchase new hardware, including new In-Memory OLTP.

· Enable new business models in the cloud—With Microsoft, you have the unique ability to deploy on-premises, in the cloud, or choose the right combination for your customers. For example, you can deploy SQL Server on-premises and then backup to the cloud with Windows Azure.

Get Started!

Now is a great time to start. Contact us to find out more about how you can boost your sales with SQL Server upgrades for your SMB customers.

Visit the Ahead of the Game campaign website:
http://aka.ms/aheadofthegame

Visit the Ahead of the Game Technical Series website for information on technical readiness:
http://aka.ms/smblearningpath

For more information about the new capabilities in SQL Server 2014, visit:
http://www.microsoft.com/en-us/sqlserver/sql-server-2014.aspx

1Spiceworks Report: Database Installs on SpiceWorks Network, as of February 28th, 2014.

Hyper-V Networking–NIC Teaming

If you look at the advanced features of a network adapter in Hyper-V, you may have noticed the NIC Teaming option below:

NIC Teaming

And wondered what this was about.

In most deployments you will enabled network adapter teaming in the host operating system, and connect a virtual switch to the team.  If you do this you will never need to enable this option.

But there are situations where you will not want to use network adapter teaming in the host operating system, and instead you will want to connect two virtual network adapters to the virtual machine and configure teaming inside the guest operating system.  One situation where you would want to do this is if you were using SR-IOV enabled network adapters.

The effect of enabling this option is that if there is a connection failure on the physical network adapter that is being used by the virtual switch, we also disconnect the virtual network adapter.  This is required to ensure that network teaming functions correctly inside the guest operating system – but will cause problems if network teaming is not configured inside the guest operating system.

Cheers,
Ben

??????? ? ???? ?? ???????? ? ??????? ?????????????? ?????? ??? Internet Explorer 11

Корпорация Майкрософт делает важный шаг, чтобы помочь компаниям использовать новейшее программное обеспечение, службы и устройства. Сегодня было объявлено о выпуске обновления Internet Explorer 11 для Windows 7 и Windows 8.1 — корпоративного режима. Он обеспечивает улучшенную совместимость со старыми версиями Internet Explorer и предоставляет средства для управления тем, какие веб-приложениями его используют.

Компании могут воспользоваться преимуществами современных веб-стандартов, более высокой производительности и безопасности нашего новейшего браузера, а также распространить текущие инвестиции на старые веб-приложения. Благодаря снижению зависимости от старых версий Internet Explorer помогает пользователям работать с современными возможностями Windows 8.1, такими службами, как Office 365, и такими устройствами, как Surface Pro 2.

Компании могут воспользоваться преимуществами современных веб-стандартов, более высокой производительности и безопасности нашего новейшего браузера, а также распространить текущие инвестиции на старые веб-приложения. Благодаря снижению зависимости от старых версий Internet Explorer помогает пользователям работать с современными возможностями Windows 8.1, такими службами, как Office 365, и такими устройствами, как Surface Pro 2.

Как корпоративный режим помогает шагать в ногу со временем?

Многие компании сталкиваются с трудностями при работе с современными веб-приложениями и службами, для которых требуется поддержка новейших стандартов, таких как HTML5 и CSS3, и старыми веб-приложениями и службами, созданными для предыдущих версий Internet Explorer. Старые веб-приложения зачастую связаны с существенными инвестициями и обладают длительным, многолетним жизненным циклом, что ставит клиентов в зависимость от старой версии Internet Explorer, пока эти веб-приложения не будут обновлены в соответствии с современными веб-стандартами.

Выпущенный в 2009 г. Internet Explorer 8 стал первым браузером, доступным для Windows 7 и содержащим ряд инновационных возможностей, таких как просмотр в режиме совместимости для старых веб-сайтов. Поскольку Internet Explorer 8 также поддерживал Windows XP, многие клиенты и разработчики решили выбрать его в качестве стандарта, чтобы упростить переход на Windows 7. Согласно исследованию Net Applications доля Internet Explorer 8 на рынке браузеров для рабочего стола по-прежнему превышает 20 %. Несмотря на выход Internet Explorer 9, Internet Explorer 10 и Internet Explorer 11 многие клиенты по-прежнему используют в своей работе Internet Explorer 8.

Обеспечивая улучшенную обратную совместимость с Internet Explorer 8, Internet Explorer 11 с корпоративным режимом позволяет преодолеть эту зависимость и получить двойное преимущество: современный браузер, помогающий клиентам распространить текущие инвестиции на старые веб-приложения.

Как корпоративный режим улучшает совместимость?

При проектировании корпоративного режима для Internet Explorer 11 наши разработчики проанализировали проблемы с совместимостью, о которых сообщали клиенты, и выявили группы похожих затруднений. Ниже перечислены некоторые из проблемных областей, для устранения которых создан корпоративный режим:

  • Различия строк агента пользователя. Многие старые веб-приложения используют обнаружение браузера, а не современные рекомендуемые процедуры обнаружения компонентов. Реплицируя исходную строку агента пользователя Internet Explorer 8, корпоративный режим позволяет использовать сайты, которые не работают, не распознав Internet Explorer 8 в качестве браузера.
  • Элементы управления ActiveX и другие двоичные файлы. Некоторые элементы управления ActiveX не работают (не отображая уведомление об этом), если запрашивают версию браузера и получают непредвиденный ответ, поэтому корпоративный режим имитирует ответ Internet Explorer 8. При тестировании клиенты сообщили, что многие из этих элементов управления ActiveX в корпоративном режиме “просто работают”.
  • Исключенные функции. Internet Explorer 8 по-прежнему содержит некоторые остатки уникальных функций, например выражения CSS, которые использовались для динамического размещения объектов на странице. Эти функции были удалены в последующих версиях Internet Explorer, но некоторые старые веб-приложения используют их для размещения кнопок и других элементов. Корпоративный режим возвращает некоторые из исключенных компонентов, в том числе выражения CSS.

До и после появления корпоративного режима Internet Explorer
Веб-приложение работает нормально при просмотре в Internet Explorer 11 с корпоративным режимом (справа). Обратите внимание на значок корпоративного режима, ��бведенный в адресной строке.

  • Предварительное кэширование и визуализация. Многие современные браузеры, такие как Internet Explorer 11, предварительно кэшируют и визуализируют страницы, чтобы сделать их просмотр более плавным. Если щелкнуть предварительно кэшированную ссылку, одна вкладка исчезнет, а на ее месте появится предварительно отрисованная вкладка. Для старых элементов управления навигацией такое поведение вызывает затруднения, поэтому корпоративный режим отключает его.

Когда Internet Explorer 11 визуализирует страницу в корпоративном режиме, многочисленные изменения конфигурации и кода устраняют распространенные проблемы совместимости в этих и других областях. Кроме того, корпоративный режим, предназначенный для Internet Explorer 8 и просмотра в режиме совместимости, также предоставляет преимущества для сайтов, созданных для еще более ранних версий, например Internet Explorer 7. Это эмуляция, а не виртуализация. Корпоративный режим лучше эмулирует Internet Explorer 8 в Internet Explorer 11, при этом устраняя проблемы с производительностью, безопасностью и другие неполадки, связанные с выполнением старых двоичных компонентов Internet Explorer 8.

К слову о производительности — за последние пять лет мы внесли множество усовершенствований в наш браузер. Internet Explorer 11 значительно быстрее Internet Explorer 8. Веб-приложения загружаются в два раза быстрее, а корпоративный режим использует преимущества улучшенных сетевых стандартов, обновленных модулей обработки сценариев и макетов, а также аппаратного ускорения графики. Хотя мы считаем, что при оценке браузера главную роль играет производительность отображения реально существующих сайтов, представленные ниже результаты эталонного теста JavaScript подчеркивают разительные отличия Internet Explorer 11 с корпоративным режимом от Internet Explorer 8. Испытайте это на своих приложениях.

Производительность JavaScript в корпоративном режиме немного ниже, чем в "чистом" Internet Explorer 11, но по-прежнему выше, чем в Internet Explorer 8.

Корпоративный режим для Internet Explorer 11 не устраняет все проблемы совместимости, но позволяет справиться со многими из самых распространенных проблем. Что еще важнее, корпорация Майкрософт продолжает инвестировать в эту область. Это существенное продвижение, позволяющее клиентам использовать современные возможности новейшей версии Internet Explorer.

Как осуществляется управление корпоративным режимом?

По умолчанию корпоративный режим для Internet Explorer 11 отключен. Если Internet Explorer 11 настроен со списком старых веб-приложений, корпоративный режим будет динамически включаться и отключаться, когда пользователи будут просматривать веб-страницы. Internet Explorer оптимизирует просмотр веб-страниц, поэтому пользователям не придется волноваться о том, какой браузер использовать для просмотра тех или иных сайтов.

Корпоративный ИТ-отдел централизованно управляет тем, какие сайты и адреса отображаются в корпоративном режиме, с помощью XML-списка или группы списков. Например, для сайта www.contoso.com/travel можно использовать корпоративный режим, а для сайта www.contoso.com/erp — современный режим “Edge”. Скоро станет доступно новое средство Enterprise Mode Site List Manager, позволяющее управлять списками, как показано ниже.

Диспетчер списков сайтов для Internet Explorer в корпоративном режиме
Средство Enterprise Mode Site List Manager, отображающее системы CRM и ERP с новыми (по умолчанию) и старыми (корпоративный режим) путями.

Два раздела реестра, которые можно настроить в новых групповых политиках, включают и отключают корпоративный режим, а также предоставляют локальную ссылку или URL-адрес XML-списка. Например, можно настроить использование разных списков в разных подразделениях или расположениях.

  • Раздел реестра
  • Функция

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode] “Enable” = “” | {URL:port}

  • Этот параметр позволяет определить, могут ли пользователи включать корпоративный режим для веб-сайтов с проблемами с совместимостью. При необходимости эта политика также позволяет указать, куда отправлять отчеты (с помощью сообщений POST), когда пользователь включает или отключает корпоративный режим.

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode]

“SiteList” = {File or URL}

  • Этот параметр позволяет указать, где можно найти список веб-сайтов, которые необходимо открывать в корпоративном режиме. Этот список можно задавать с помощью нового средства Enterprise Mode Site List Manager.

Расположение в реестре, где показана конфигурация корпоративного режима.
Разделы реестра для активации корпоративного режима и указания списка управляемых сайтов.

Параметр меню инструментов, если он включен, позволяет конечным пользователям принудительно включать корпоративный режим для страницы. Этот параметр можно сделать доступным всем или только избранным пользователям в целях тестирования. Тот же раздел реестра можно использовать для сбора ручных корректировок. Если указать в разделе “Enable” действительный URL-адрес и порт, Internet Explorer сможет инициировать отправку простого сообщения POST по указанному адресу, когда пользователь включает или отключает корпоративный режим. Это поможет клиентам создавать списки совместимых веб-приложений на основе данных собственных пользователей, что сократит расходы на сортировку и тестирование.

Дополнительная информация о корпоративном режиме

Чтобы узнать больше о корпоративном режиме для Internet Explorer 11, посетите сайт Internet Explorer на портале TechNet и посмотрите сеанс Build Улучшенная совместимость приложений в корпоративном режиме для Internet Explorer 11.

Internet Explorer 11 улучшает производительность, повышает безопасность и обеспечивает поддержку современных технологий, таких как HTML5 и CSS3, являющихся фундаментом для новейших веб-сайтов и служб. Улучшая обратную совместимость с помощью корпоративного режима, Internet Explorer 11 помогает клиентам использовать все современные функции нового браузера, а также новейшие версии программного обеспечения, служб и устройств.

— Кевин Миллер (Kevin Miller), ведущий руководитель программы, Internet Explorer

— Фред Пуллен (Fred Pullen), руководитель подразделения маркетинга продуктов, Internet Explorer

Mantenha-se atualizado com o Modo Empresarial para Internet Explorer 11

A Microsoft está dando um passo importante em direção a ajudar as empresas a se manterem atualizadas com o software, os serviços e os dispositivos mais recentes. Modo Empresarial para Internet Explorer 11, anunciado hoje como uma atualização para Windows 7 e Windows 8.1, fornece melhor compatibilidade para versões mais antigas do Internet Explorer e ferramentas para gerenciar qual aplicativo da Web o usa.

As empresas podem se beneficiar dos padrões modernos da Web, melhor desempenho e segurança para nosso navegador mais recente e, ao mesmo tempo, estender os investimentos existentes em aplicativos legados da Web. E reduzindo as dependências de versões mais antigas, o Internet Explorer ajuda os clientes a se manterem atualizados com Windows 8.1, serviços como Office 365 e dispositivos como o Surface Pro 2.

As empresas podem se beneficiar dos padrões modernos da Web, melhor desempenho e segurança para nosso navegador mais recente e, ao mesmo tempo, estender os investimentos existentes em aplicativos legados da Web. E com a redução de dependência de outras versões, o Internet Explorer ajuda os clientes a se manterem atualizados com o Windows 8.1, serviços como Office 365 e dispositivos como Surface Pro 2.

Como o Modo Empresarial ajuda você a se manter atualizado?

Muitas empresas estão passando por tensões entre os aplicativos e serviços da Web de hoje em dia, que podem exigir padrões modernos como HTML5 e CSS3, além de aplicativos e serviços mais antigos da Web, projetados para versões mais antigas do Internet Explorer. Os aplicativos legados normalmente representam um investimento significativo e têm ciclos de vida útil longos, de vários anos, fazendo com que esses clientes fiquem efetivamente dependentes de uma versão mais antiga do Internet Explorer até que possam atualizar esses aplicativos da Web para padrões modernos da Web.

Apresentado em 2009, o Internet Explorer 8 foi o primeiro navegador disponível no Windows 7 e incluía recursos inovadores, como Modo de Exibição de Compatibilidade para sites mais antigos da Web. Como ele também era executado no Windows XP, muitos clientes e desenvolvedores optaram por padronizar no Internet Explorer 8 e ajudar a facilitar a migração para o Windows 7. De acordo com Net Applications, o Internet Explorer 8 ainda tem mais de 20% das ações do navegador de desktop; apesar do fato de que o IE9, o IE10 e o IE11 ultrapassaram o IE8, muitos clientes ainda contam com o Internet Explorer 8 para administrar suas empresas.

Fornecendo melhor compatibilidade com versões anteriores para o Internet Explorer 8, o Internet Explorer 11 com Modo Empresarial é destinado a acabar com essa dependência e fornecer o melhor de dois mundos: Um navegador moderno e atualizado que ajuda os clientes a aumentarem seus investimentos existentes aplicativos mais antigos da Web.

Como o Modo Empresarial fornece melhor compatibilidade?

Na criação do Modo Empresarial para Internet Explorer 11, a engenharia analisou problemas de compatibilidade reportados por clientes e encontrou grupos de problemas similares. Algumas das áreas de foco do Modo Empresarial incluem:

  • Diferenças da cadeia de caracteres do agente do usuário Muitos aplicativos legados da Web usam detecção de navegador, e não a prática recomendada de detecção de recursos de hoje em dia. Replicando a cadeia de caracteres de agente do usuário original do Internet Explorer 8, o Modo Empresarial funciona para sites que falham se não conseguirem reconhecer o IE8 como navegador.
  • Controles e outros binários do ActiveX. Alguns controles do ActiveX falham silenciosamente se consultarem a versão do navegador e obtiverem uma resposta inesperada. Portanto, o Modo Empresarial os acalma imitando as respostas do IE8. Em testes, os clientes relatam que muitos desses controles do ActiveX “só funcionam” no Modo Empresarial.
  • Funcionalidade preterida. O Internet Explorer 8 ainda tinha alguns vestígios da funcionalidade proprietária, como CSS Expressions, que foi usado para colocar objetos dinamicamente em uma página. Essa funcionalidade foi removida em versões posteriores do Internet Explorer, mas alguns aplicativos legados na Web a usavam para colocar botões e outros elementos. O Modo Empresarial volta a apresentar alguns recursos preteridos, incluindo CSS Expressions.

Antes e depois com o IE do Modo Empresarial
Um aplicativo da Web funciona normalmente quando visualizado no Internet Explorer 11 com o Modo Empresarial à direita. Observe o ícone do Modo Empresarial, circulado na barra de endereços.

  • Pré-cache e pré-renderização. Muitos navegadores modernos usam as páginas de pré-cache e pré-renderização do Internet Explorer 11 para fazer com que a navegação fique mais fluida. Quando você clica em um link com pré-cache, uma guia é substituída pela guia de conteúdo pré-renderizado. Para os controles de navegação legada esse comportamento é confuso. Por isso, o Modo Empresarial o desativa.

Quando o Internet Explorer 11 renderiza uma página no Modo Empresarial, várias alterações de configuração e de código eliminam problemas de compatibilidade comuns nesta e em outras áreas. Além disso, colocando o foco no Internet Explorer 8, e no Modo de Exibição de Compatibilidade do IE8, o Modo Empresarial fornece alguns benefícios para sites projetados para versões ainda mais antigas, como Internet Explorer 7. Isso é emulação, e não virtualização; O Modo Empresarial fornece melhor emulação do IE8 no IE11 e, ao mesmo tempo, evita muitos problemas de desempenho, segurança e outros associados à execução de binários mais antigos do Internet Explorer 8.

Por falar em desempenho, fizemos muitas melhorias ao navegador nos últimos cinco anos; O Internet Explorer 11 é significativamente mais rápido do que o Internet Explorer 8. Os aplicativos da Web são carregados com o dobro de velocidade, e o Modo Empresarial aproveita as melhorias de rede, o script reformulado e os mecanismos de layout, além de elementos gráficos acelerados para hardware. Embora acreditemos que o desempenho do mundo real seja muito importante na avaliação de um navegador, os resultados de parâmetros de comparação do JavaScript abaixo destacam a diferença notável entre o Internet Explorer 11 com Modo Empresarial e o Internet Explorer 8 original. Experimente-o com seus próprios aplicativos e confira.

O desempenho de JavaScript no modo empresarial é levemente mais lento do que o IE11, mas ainda é muito mais rápido do que o IE8.

O Modo Empresarial do Internet Explorer 11 talvez não corrija todos os problemas de compatibilidade, mas ele funciona para muitos dos problemas comuns. Ainda mais importante, esta é uma área de investimento contínuo para a Microsoft e um passo importante em direção à ajudar os clientes a se manterem atualizados com a versão mais recente do Internet Explorer.

Como o Modo Empresarial é gerenciado?

O Modo Empresarial para Internet Explorer 11 fica desativado por padrão. Quando configurado com uma lista de aplicativos legados da Web, o IE11 alternará entre ativar ou desativar o Modo Empresarial dinamicamente conforme os usuários navegam pela Web. O Internet Explorer fornece uma experiência perfeita de navegação para que os usuários não precisem se preocupar com o navegador que devem usar em determinados sites.

A TI corporativa controla quais sites e caminhos são renderizados no Modo Empresarial por meio de uma lista ou grupo de listas XML gerenciados centralmente. Por exemplo, www.contoso.com/travel pode ser configurado para usar o Modo Empresarial. Já www.contoso.com/erp pode ser configurado para usar o modo de padrões “Borda”. Uma nova ferramenta Gerente de Listas do Site no Modo Empresarial estará disponível em breve para gerenciar listas, como mostrado abaixo.

Gerente de listas do site do IE Modo Empresarial
Gerente de Listas do Site no Modo Empresarial, mostrando os sistemas CRM e ERP com caminhos novos (Padrão) e legados (Empresarial).

Duas chaves de registro, que podem ser configuradas por meio das novas Diretivas de Grupo, ativar/desativar Modo Empresarial e fornecer um link local ou caminho de URL para a lista XML. Divisões ou locais diferentes, por exemplo, podem ser configurados para usar listas diferentes.

  • Chave de registro
  • Função

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode] “Enable” = “” | {URL:port}

  • Essa configuração permite que você decida se os usuários podem ativar o Modo Empresarial para sites da Web com problemas de compatibilidade. Como alternativa, essa diretiva também permite que você especifique onde receber relatórios (por meio de mensagens POST) sempre que um usuário ativar ou desativar o Modo Empresarial.

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode]

“SiteList” = {File or URL}

  • Essa configuração permite que você especifique onde encontrar a lista de sites da Web que deseja abrir com uso do Modo Empresarial. Essa lista pode ser mantida com uso da nova ferramenta Gerente de Listas do Site no Modo Empresarial.

Localização do registro mostrando a configuração do modo empresarial.
Chaves de registro para ativação do Modo Empresarial e indicação para a lista do site gerenciado.

Quando ativada, uma opção do menu da ferramenta permite que os usuários finais forcem uma página no Modo Empresarial. Isso pode ser disponibilizado para todos os usuários ou usuários selecionados para finalidade de testes. Essa mesma chave de registro pode ser usada para coletar substituições manuais. Com a configuração da chave “Ativar” com uma porta e URL válidos, o Internet Explorer iniciará um POST simples para o endereço fornecido sempre que um usuário ativar ou desativar o Modo Empresarial. Isso ajuda efetivamente os clientes a fazer o crowd-source de listas de aplicativos da Web compatíveis de seus próprios usuários, que pode diminuir os custos de triagem e testes.

Para saber mais sobre o Modo Empresarial

Para saber mais sobre o Modo Empresarial para Internet Explorer 11, visite o site Internet Explorer TechNet e visualize a sessão Criar, Melhor compatibilidade de aplicativos com Modo Empresarial para Internet Explorer 11.

O Internet Explorer 11 fornece maior desempenho, segurança aprimorada e suporte para tecnologias modernas, como HTML5 e CSS3, que capacitam os sites e os serviços da Web de hoje em dia. Com a adição de melhor compatibilidade com outras versões no Modo Empresarial, o Internet Explorer 11 agora ajuda os clientes a se manterem atualizados com o navegador mais recente, além de facilitar o uso do software, dos serviços e dos dispositivos mais recentes.

— Kevin Miller, gerente de programas geral, Internet Explorer

— Fred Pullen, gerente de marketing de produtos, Internet Explorer

Internet Explorer 11 ?????? ??? ?? ?? ??

Microsoft는 기업들이 최신 소프트웨어, 서비스 및 장치를 최신 상태로 유지하도록 지원하기 위한 중요한 한 단계 도약을 이루고 있습니다. 오늘 Windows 7 및 Windows 8.1 업데이트로 발표된 Internet Explorer 11의 [Enterprise Mode](엔터프라이즈 모드)는 Internet Explorer 이전 버전과의 호환성 향상과 Internet Explorer를 사용하는 웹 앱의 관리 도구를 제공합니다.

기업은 최신 브라우저의 최신 웹 표준, 더 나은 성능, 향상된 보안 혜택을 누리면서도 레거시 웹 앱에 대한 기존 투자를 확대할 수 있습니다. 또한 Internet Explorer는 이전 버전에 대한 의존성을 낮춤으로써 Windows 8.1, Office 365와 같은 서비스, Surface Pro 2와 같은 장치를 최신 상태로 유지하도록 지원합니다.

기업은 최신 브라우저의 최신 웹 표준, 더 나은 성능, 향상된 보안 혜택을 누리면서도 레거시 웹 앱에 대한 기존 투자를 확대할 수 있습니다. 또한 Internet Explorer는 이전 버전에 대한 의존성을 낮춤으로써 Windows 8.1, Office 365와 같은 서비스, Surface Pro 2와 같은 장치를 최신 상태로 유지하도록 지원하고 있습니다.

엔터프라이즈 모드가 최신 상태 유지를 지원하는 방법

많은 기업들은 HTML5 및 CSS3과 같은 최신 표준이 필요한 오늘날의 웹 앱 및 서비스와 Internet Explorer 이전 버전에 맞게 설계된 이전 웹 앱 및 서비스 사이에서 불안을 느끼고 있습니다. 레거시 응용 프로그램은 대부분 막대한 투자가 필요하고 수명이 길며 여러 해 동안 지속되므로 해당 고객들은 실질적으로 이러한 웹 앱을 최신 웹 표준으로 업그레이드할 수 있을 때까지 이전 버전의 Internet Explorer에 의존하게 됩니다.

2009년에 도입된 Internet Explorer 8은 Windows 7에서 사용할 수 있는 최초의 브라우저였으며 이전 웹 사이트 호환성 보기와 같은 혁신적인 기능이 포함되었습니다. Windows XP에서도 실행되었기 때문에 많은 고객 및 개발자들은 Windows 7으로의 마이그레이션을 용이하게 하기 위해 Internet Explorer 8으로 표준화하는 방법을 선택했습니다. Net Applications의 조사에 따르면 아직도 Internet Explorer 8의 데스크톱 브라우��� 시장 점유율은 20% 이상입니다. IE9, IE10 및 IE11가 IE8을 대체했음에도 불구하고 많은 고객들은 여전히 업무에 Internet Explorer 8을 사용하고 있습니다.

엔터프라이즈 모드가 포함된 Internet Explorer 11은 Internet Explorer 8에 대해 향상된 이전 버전과의 호환성을 제공함으로써 이러한 의존성을 없애고 두 제품만의 장점을 제공하는 것을 목표로 한, 고객이 기존 웹 앱에 대한 기존의 투자를 확대할 수 있는 가장 최신 브라우저입니다.

엔터프라이즈 모드가 호환성을 향상시키는 방법

Internet Explorer 11의 엔터프라이즈 모드를 설계할 때 엔지니어링 팀은 고객이 보고한 호환성 문제를 검토하고 비슷한 문제들이 상당히 많다는 것을 알게 되었습니다. 엔터프라이즈 모드의 대상이 되는 몇 가지 분야는 다음과 같습니다.

  • 사용자 에이전트 문자열의 차이. 많은 레거시 웹 앱은 브라우저 검색 기능을 사용하는데 이는 현재 기능 검색의 모범 사례가 아닙니다. 엔터프라이즈 모드는 원래 Internet Explorer 8 사용자 에이전트 문자열을 복제함으로써 IE8를 브라우저로 인식할 수 없는 경우 실행되지 않는 사이트에 작동합니다.
  • ActiveX 컨트롤 및 기타 바이너리. 일부 ActiveX 컨트롤은 브라우저 버전을 쿼리하고 예상하지 않은 응답을 받은 경우 백그라운드에서 실행되지 않기 때문에 엔터프라이즈 모드는 IE8의 응답을 모방하여 이러한 현상을 완화합니다. 고객들은 테스트와 관련하여 이러한 ActiveX 컨트롤 중 많은 수가 엔터프라이즈 모드에서 “작동을 한다”고 보고합니다.
  • 제외된 기능. Internet Explorer 8은 페이지에서 개체를 동적으로 배치하는 데 사용되는 CSS Expression과 같은 고유 기능의 몇 가지 흔적을 그대로 유지했습니다. 이후 버전의 Internet Explorer에서는 이 기능이 제외되었지만 일부 레거시 웹 앱은 이를 사용하여 단추와 다른 요소들을 배치했습니다. 엔터프라이즈 모드는 CSS Expression 등의 제외된 기능 몇 가지를 복원했습니다.

엔터프라이즈 모드 IE 사용의 전과 후
웹 앱은 오른쪽의 엔터프라이즈 모드를 사용하여 Internet Explorer 11에서 볼 때 올바로 작동합니다. 엔터프라이즈 모드 아이콘은 주소 표시줄에 동그라미로 표시되어 있습니다.

  • 사전 캐싱 및 사전 렌더링. Internet Explorer 11과 같은 많은 최신 브라우저는 더욱 유동적인 검색을 위해 페이지를 사전 캐싱 및 사전 렌더링합니다. 사전 캐싱된 링크를 클릭하면 탭 하나가 사라지고 사전 렌더링된 콘텐츠 탭이 해당 위치에 나타납니다. 레거시 탐색 컨트롤의 경우 이러한 동작은 혼동을 일으키기 때문에 엔터프라이즈 모드가 이를 해제합니다.

Internet Explorer 11이 엔터프라이즈 모드로 페이지를 렌더링하면 수많은 구성 및 코드 변경 사항으로 이러한 부분과 다른 부분의 일반적인 호환성 문제가 해결됩니다. 또한 엔터프라이즈 모드는 Internet Explorer 8 및 IE8의 호환성 보기를 대상으로 함으로써 Internet Explorer 7와 같은 더 이전 버전에 맞게 설계된 사이트에 대해서도 어느 정도의 혜택을 제공합니다. 이는 가상화가 아니라 에뮬레이션입니다. 엔터프라이즈 모드는 IE11에서 IE8을 더 잘 에뮬레이션하면서 여러 가지 성능, 보안 및 이전 Internet Explorer 8 바이너리 실행과 관련된 다른 문제들을 방지합니다.

성능에 대해 살펴보면, 지난 5년 간 브라우저는 많은 개선을 이루었습니다. Internet Explorer 11은 Internet Explorer 8보다 훨씬 속도가 빠릅니다. 웹 앱 로드 시간은 2배 단축되었고 엔터프라이즈 모드는 네트워크 개선, 다시 디자인된 스크립트 및 레이아웃 엔진, 하드웨어 가속 그래픽을 활용합니다. 브라우저를 평가할 때는 실제 성능이 중요합니다. 아래의 JavaScript 벤치마크 결과를 보면 엔터프라이즈 모드를 사용하는 Internet Explorer 11과 원래 Internet Explorer 8의 큰 차이를 확실히 알 수 있습니다. 실제 사용하는 앱에 적용해 보고 직접 확인해 보십시오.

엔터프라이즈 모드에서의 JavaScript 성능은 IE11보다 속도가 조금 느리지만 IE8보다는 훨씬 빠릅니다.

Internet Explorer 11의 엔터프라이즈 모드가 모든 호환성 문제를 해결하지 못하지만 가장 일반적인 문제 중 많은 수를 해결합니다. 이러한 발전은 Microsoft가 지속적으로 투자하는 분야이며 최신 버전의 Internet Explorer를 통해 고객이 최신 상태를 유지할 수 있도록 지원한다는 면에서 가장 중요하면서 큰 도약입니다.

엔터프라이즈 모드의 관리 방법

Internet Explorer 11의 엔터프라이즈 모드는 기본적으로 해제되어 있습니다. IE11은 레거시 웹 앱 목록으로 구성되는 경우 사용자가 웹 검색을 할 때 엔터프라이즈 모드를 동적으로 설정 및 해제합니다. Internet Explorer는 원활한 브라우징을 제공하므로 사용자는 어떤 사이트에 어떤 브라우저를 사용해야 할지 고민할 필요가 없습니다.

기업 IT 팀은 중앙에서 관리하는 XML 목록 또는 목록 그룹을 통해 엔터프라이즈 모드에서 렌더링되는 사이트와 경로를 제어합니다. 예를 들어, www.contoso.com/travel은 엔터프라이즈 모드를 사용하도록 설정할 수 있고 www.contoso.com/erp은 최신의 ‘첨단’ 표준 모드를 사용하도록 설정할 수 있습니다. 새로운 엔터프라이즈 모드 사이트 목록 관리자 도구는 아래와 같이 목록 관리 목적으로 조만간 제공될 예정입니다.

엔터프라이즈 모드 IE 사이트 목록 관리자
새로운(기본) 경로와 레거시(엔터프라이즈) 경로에 대해 CRM 및 ERP 시스템을 표시하는 엔터프라이즈 모드 사이트 목록 관리자

새로운 그룹 정책을 통해 설정할 수 있는 두 개의 레지스트리 키는 엔터프라이즈 모드를 설정/해제하고 XML 목록에 대한 로컬 링크 또는 URL 경로를 제공합니다. 예를 들어 여러 부서 또는 위치가 서로 다른 목록을 사용하도록 구성할 수 있습니다.

  • 레지스트리 키
  • 함수

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode] “Enable” = “” | {URL:port}

  • 이 설정을 사용하면 사용자가 호환성 문제가 있는 웹 사이트에 대해 엔터프라이즈 모드를 설정할 수 있는지 결정할 수 있습니다. 또한 이 정책에서는 선택적으로 사용자가 엔터프라이즈 모드를 설정 또는 해제할 때마다 보고서를 어디에서 가져올 것인지(POST 메시지를 통해) 지정할 수 있습니다.

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode]

“SiteList” = {File or URL}

  • 이 설정을 사용하면 엔터프라이즈 모드를 사용하여 열려는 웹 사이트 목록을 어디에서 찾을 것인지 지정할 수 있습니다. 이 목록은 새로운 엔터프라이즈 모드 사이트 목록 관리자 도구를 사용하여 유지 관리할 수 있습니다.

엔터프라이즈 모드 구성이 표시된 레지스트리 위치.
엔터프라이즈 모드를 사용하고 관리되는 사이트 목록을 가리키기 위한 레지스트리 키.

도구 메뉴 옵션을 사용하는 경우 최종 사용자는 페이지를 강제로 엔터프라이즈 모드로 바꿀 수 있습니다. 이는 모든 사용자에게 제공할 수도 있고 테스트 목적으로 일부 사용자에게 제공할 수도 있습니다. 같은 레지스트리 키는 수동 오버라이드 수집에 사용할 수 있습니다. Internet Explorer는 유효한 URL 및 포트로 ‘설정’ 키를 구성하여 사용자가 엔터프라이즈 모드를 설정 또는 해제할 때마다 단순 POST를 제공된 주소로 시작합니다. 이를 통해 고객은 자체 사용자로부터 호환되는 웹 앱의 목록을 크라우드 소싱할 수 있고 분류 및 테스트 비용을 줄일 수 있습니다.

엔터프라이즈 모드 자세히 알아보기

Internet Explorer 11의 엔터프라이즈 모드에 대해 자세히 알아보려면 Internet Explorer TechNet 사이트를 방문하여 빌드 세션 Internet Explorer 11의 엔터프라이즈 모드를 사용한 앱 호환성 개선을 볼 수 있습니다.

Internet Explorer 11은 향상된 성능, 개선된 보안, HTML5 및 CSS3과 같은 최신 기술 지원을 통해 현재의 웹 사이트 및 서비스를 지원합니다. Internet Explorer 11은 이제 엔터프라이즈 모드를 통해 이전 버전과의 호환성을 향상시킴으로써 고객이 최신 브라우저로 최신 상태를 유지하도록 지원하고 최신 소프트웨어, 서비스 및 장치의 사용을 촉진합니다.

- Internet Explorer 수석 프로그램 관리자, Kevin Miller

- Internet Explorer 제품 마케팅 관리자, Fred Pullen

Internet Explorer 11 ?????????? ??????????????????

マイクロソフトは、企業のお客様が、最新のソフトウェア、サービス、デバイスを利用できるように、重要な一歩を踏み出しました。Windows 7 と Windows 8.1 の更新として本日発表された Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードは、旧バージョンの Internet Explorer に対する互換性を向上します。また、このモードをどの Web アプリケーションで使用するかを管理するツールも付属しています。

最新の Web 標準、パフォーマンスの改善、最新の IE によるセキュリティ強化のメリットを享受できると同時に、レガシの Web アプリへの既存の投資を引き続き活用できます。旧バージョンへの依存性を軽減することで、Windows 8.1、Office 365 などのサービス、Surface Pro 2 のようなデバイスの導入のハードルが下がり、最新の環境を確保しやすくなります。

最新の Web 標準、パフォーマンスの改善、最新の IE によるセキュリティ強化のメリットを享受できると同時に、レガシの Web アプリへの既存の投資を引き続き活用できます。また、旧バージョンへの依存性が軽減されることで、Windows 8.1、Office 365 などの最新のサービス、Surface Pro 2 のようなデバイス導入のハードルが下がり、最新の環境を確保しやすくなります。

エンタープライズ モードが最新の環境確保に役立つしくみ

現在、多くの企業が、HTML5 や CSS3 のような最新の標準を要件とする新しい Web アプリケーションやサービスと、旧バージョンの Internet Explorer 向けに設計された古い Web アプリケーションやサービスとの違いに悩まされています。レガシ アプリには、概して多額の投資がなされ、数年単位の長期にわたるライフサイクルがあるため、企業ユーザーは、これらの Web アプリを最新の Web 標準に更新できる日が来るまで、旧バージョンの Internet Explorer に依存することになります。

2009 年に発表された Internet Explorer 8 は、Windows 7 に対応した初めてのブラウザーで、古い Web サイトの互換表示など、革新的機能を備えていました。IE8 は Windows XP でも動作するため、多くの企業ユーザーと開発者が、Windows 7 への移行を円滑にするために IE8 で標準化する方法を選択しています。Net Applications (英語) によると、Internet Explorer 8 はデスクトップ ブラウザー市場で現在も 20% 以上のシェアを占めています。IE9、IE10、IE11 のほうが IE8 よりも多くのシェアを獲得していますが、依然として IE8 に依存して事業を運営している企業のお客様も多くいらっしゃいます。

Internet Explorer 11 のエンタープライズ モードは、Internet Explorer 8 との下位互換性を高めることで、この依存状態から脱却し、IE8 と IE11 の両方の利点が得られるようにします。つまり、モダンな最新のブラウザーで、古い Web アプリへの既存の投資を引き続き活用できます。

エンタープライズ モードが互換性を向上するしくみ

Internet Explorer 11 向けのエンタープライズ モードを設計するに当たって、エンジニアリング チームは、お客様から報告された互換性の問題を分析した結果、特定のカテゴリに問題を分類できることがわかりました。エンタープライズ モードでは、次のような領域を対象としています。

  • ユーザー エージェント文字列の違い: 多くのレガシ Web アプリは、現在のベスト プラクティスである機能検出ではなく、ブラウザー検出を使用しています。エンタープライズ モードはで、元の Internet Explorer 8 ユーザー エージェント文字列をレプリケートすることで、サイトが IE8 をブラウザーとして認識できずにエラーが発生した場合に問題を解決します。
  • ActiveX コントロールおよびその他のバイナリ: 一部の ActiveX コントロールは、ブラウザーのバージョンを照会して、予期しない応答を受け取った場合、エラー メッセージを返さずにエラーになるため、エンタープライズ モードでは、IE8 の応答を模倣することで、これを回避します。テストでは、お客様から、このような ActiveX コントロールの多くが、エンタープライズ モードで「問題なく動作した」という報告をいただいています。
  • 廃止された機能: Internet Explorer 8 には、オブジェクトを動的にページ上に配置するために使用されていた CSS Expressions など、わずかながら一部の独自機能が残っています。この機能は、Internet Explorer 9 以降のバージョンで削除されましたが、レガシ Web アプリの中には、この機能を使用してボタンやその他の要素を配置しているものもあります。エンタープライズ モードでは、CSS Expressions を含め、廃止された機能の一部を復活できます。

エンタープライズ モード適用前と後の IE
この Web アプリは、Internet Explorer 11 のエンタープライズ モード (右図) では正しく動作する。アドレス バーの丸で囲まれた部分は、エンタープライズ モードを示すアイコン。

  • 事前キャッシュおよび事前レンダリング: Internet Explorer 11 などの最近のブラウザーの多くは、ページの事前キャッシュと事前レンダリングによって、より滑らかなブラウズを実現しています。事前キャッシュされたリンクをクリックすると、そのタブに代わって、事前レンダリングされたコンテンツ タブが表示されます。レガシのナビゲーション コントロールにとって、この動作は扱いにくいため、エンタープライズ モードではこれが無効になります。

Internet Explorer 11 でエンタープライズ モードを使ってページをレンダリングすると、さまざまな構成とコードの変更がなされ、上記を含めて、よく発生する互換性の問題が解消されます。また、Internet Explorer 8 (および IE8 の互換表示) を対象とすることで、エンタープライズ モードは、Internet Explorer 7 など、さらに古いバージョン向けのサイトでも有用です。これは、仮想化ではなくエミュレーションです。エンタープライズモードでは、IE11 内でのより円滑な IE8 のエミュレーションを実現しながら、古い Internet Explorer 8 のバイナリを実行することに伴うパフォーマンス、セキュリティ、その他の問題を回避します。

パフォーマンスについては、私たちは、この 5 年間でさまざまなブラウザーの強化を行いました。Internet Explorer 11 は IE8 よりも劇的に速くなっています。Web アプリは 2 倍の速さで読み込まれます。エンタープライズ モードでは、ネットワーク機能の強化、刷新されたスクリプト エンジンとレイアウト エンジン、ハードウェア アクセラレーションを利用したグラフィックなど、導入された機能強化を利用します。ブラウザーを評価する場合は実際のパフォーマンスが重要ですが、以下の JavaScript のテスト結果は、エンタープライズ モードを使った Internet Explorer 11 と、オリジナルの Internet Explorer 8 との圧倒的な速度の違いを示しています。実際にアプリケーションを実行して、ご自身で確認してみてください。

エンタープライズ モードでの JavaScript のパフォーマンスは、IE11 と比べるとやや劣るものの、IE8 より格段に高速。

Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードは、すべての互換性の問題を解消するものではありませんが、最も一般的な問題の多くに有効です。いずれにしても、これは弊社によって継続して投資を行う対象であり、お客様が Internet Explorer の最新バージョンを使用して最新の環境を維持していただけるようにする重要な対策の 1 つです。

エンタープライズ モードの管理方法

Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードは、既定では無効になっています。レガシ Web アプリを指定して有効にすると、ユーザーの Web 閲覧中に、IE11 が動的にエンタープライズ モードを切り替えます。Internet Explorer は、シームレスなブラウズ エクスペリエンスを提供します。ユーザーが、サイトごとにどのブラウザーを使うべきかを気にする必要はありません。

企業の IT 担当者は、一元管理された XML リストまたはリスト グループを使って、エンタープライズ モードでレンダリングするサイトとパスを制御します。たとえば、www.contoso.com/travel にはエンタープライズ モードを使い、www.contoso.com/erp には最新の「エッジ」標準モードを使うという設定が可能です。リストを管理するための新しい Enterprise Mode Site List Manager ツール (下図) が、近日中に提供される予定です。

エンタープライズ モードの IE サイト リスト マネージャー
Enterprise Mode Site List Manager – CRM システムと ERP システムに、新しい (既定の) パスとレガシ (エンタープライズ モード) パスをそれぞれ指定

エンタープライズ モードを有効化/無効化するレジストリ キーと、XML リストへの URL パスまたはローカル リンクを提供するレジストリ キーの 2 つのレジストリ キーがあります。これらは、新しいグループ ポリシーを使って設定できます。たとえば、部門ごとまたは場所ごとに、リストを変えて構成できます。

  • レジストリ キー
  • 機能

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode] “Enable” = “” | {URL:port}

  • 互換性の問題がある Web サイトに対して、ユーザーがエンタープライズ モードを有効にできるかどうかを指定できます。オプションで、ユーザーがエンタープライズ モードを有効化または無効化したときに (POST メッセージにより) 報告を受け取る場所を指定することもできます。

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE PoliciesMicrosoftInternet ExplorerMainEnterpriseMode]

“SiteList” = {File or URL}

  • エンタープライズ モードを使って開く Web サイトのリストの格納場所を指定できます。リストは、新しい Enterprise Mode Site List Manager ツールを使って、管理できます。

エンタープライズ モードの構成に使うレジストリの場所
エンタープライズ モードを有効化するレジストリ キーと、モード適用サイトのリストの格納場所を指定するレジストリ キー。

有効にすると、エンド ユーザーがツールのメニュー オプションを使って、任意のページをエンタープライズ モードで表示できます。これは、全ユーザーを対象にすることも、テストの目的で一部のユーザーのみを対象にすることもできます。このレジストリ キーを使って、手動での設定変更についての情報を収集することもできます。有効な URL とポートを指定して “Enable” キーを構成すると、ユーザーがエンタープライズ モードを有効化または無効化するたびに、Internet Explorer から指定されたアドレスにシンプルな POST メッセージが送信されます。これは、互換 Web アプリのリストを自社ユーザーからクラウド ソーシングで入手することになり、トリアージやテストのコスト削減につながります。

エンタープライズ モードについてさらに詳しく知るには

Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードについて詳しくは、Internet Explorer TechNet サイトおよび BUILD のセッション「Better App Compat with Enterprise Mode for Internet Explorer 11」をご覧ください。

Internet Explorer 11 は、パフォーマンスの向上、セキュリティの強化、および現在の Web サイトやサービスの原動力となる HTML5 や CSS3 などの最新テクノロジのサポートを提供します。エンタープライズ モードにより下位互換性を強化することで、Internet Explorer 11 では、お客様が最新のブラウザーで常に最新の環境を確保し、新しいソフトウェア、サービス、およびデバイスを導入しやすくしています。

- Internet Explorer 担当リード プログラム マネージャー、Kevin Miller

— Internet Explorer 担当製品マーケティング マネージャー、Fred Pullen

[Sample Of Apr 15th] How to add multiple delegates in Office 365 Exchange Online

 

Homepage image
RSS Feed

Sample Download : http://code.msdn.microsoft.com/How-to-add-multiple-af21e3ef

Currently, you can easily add delegates in Outlook. But you may find this feature is not available in Outlook Web App (OWA). In this application, we will demonstrate how to add multi delegates in Office 365 Exchange Online.

1. Get the addresses of delegates;

2. Get the addresses of primary accounts;

3. Set the ImpersonatedUserId property if the login account has the impersonation permission.

4. Add all the delegates into all the primary accounts.  

imageYou can find more code samples that demonstrate the most typical programming scenarios by using Microsoft All-In-One Code Framework Sample Browser or Sample Browser Visual Studio extension. They give you the flexibility to search samples, download samples on demand, manage the downloaded samples in a centralized place, and automatically be notified about sample updates. If it is the first time that you hear about Microsoft All-In-One Code Framework, please watch the introduction video on Microsoft Showcase, or read the introduction on our homepage http://1code.codeplex.com/.

????? ?? ????? ????? ????? ?? ?? ?????.

오늘은 소셜 러닝 시장을 개척하고 계신 ㈜바풀의 김영재 CTO님과 함께 이야기를 나누어 보았습니다.

김명신: 안녕하십니까? 이번에 Azure 분야에서 마이크로소프트의 MVP가 되셨다고 이야기를 전해 들었습니다. 다시 한번 축하 드립니다. 먼저 CTO로 계신 “㈜바풀”이라는 회사에 대해서 잠깐 소개해 주시면 어떨까 합니다.

245573721651김영재: 저희 회사는 이제 3년이 된 스타트업이고 “바로풀기”라는 이름의 앱과 서비스를 제공하고 있습니다. “바로풀기”는 간단히 말씀 드리면 학생들이 질문을 올리고, 답변을 할 수 있는 앱 이라고 말씀드릴 수 있을 것 같습니다. 여기까지는 단순 게시판 등과 유사할 수 있는데, 저희는 이러한 서비스를 통해서 여러 사람들로 이루어진 소셜 환경을 구축하여 공부 친구를 사귈 수 있다는 점에 차별점이 있습니다. 교육적으로 보자면 피어 러닝(Peer Learning)의 온라인화라고 정의할 수 있을 것 같습니다. 하루 3,000개 이상의 질문이 올라오고, 80% 이상의 문제가 해결이 되고 있습니다. 네이버 지식인과 간혹 비교해서 말씀을 드리곤 하는데 수학분야에서 한정해 보면 중요 수치인 질문 수와 답변률이 모두 2배 이상입니다. 저희 대표이사님께서 중학교 다니는 막내 동생에게 카톡으로 질문/답변을 주고 받으시다가 좀 더 편리하고 다양한 사람이 참여할 수 있는 수단이 있었으면 좋겠다는 생각을 가지시고 “바로풀기”와 같은 앱을 구상하였다고 합니다.

김명신: 그렇군요. 개인적인 관심분야나 혹은 취미생활이 직업으로 이어지거나 혹은 성공적인 솔루션의 개발로 이어지는 경우가 꽤나 있는 것 같습니다. 트위터나 페이스북과 같은 성공적인 소셜 플랫폼들도 회사 창업과 성공에 있어서 유사한 궤적을 가지고 있는 것 같더군요. “바로풀기”라는 앱에 대해서 조금 자세히 알아보고 싶은데요. 어떤 플랫폼에서 운영되는 앱인지 알고 싶습니다.

김영재: 현재까지 Web, 안드로이드, iOS, 윈도우 스토어 앱 형태로 다양한 플랫폼에서 “바로풀기” 앱을 사용하실 수 있습니다. 모든 앱들은 네이티브로 개발하고 있습니다. “바로풀기”의 1.0 버전에서는 웹 기술을 임베딩해서 사용하는 하이브리드 형태로 앱을 개발하였다가 다시 네이티브 개발로 전환하여 개발을 하였습니다.

김명신: 각자의 플랫폼들은 각자 서로 다른 장점과 특징들이 있어서, 많은 업체들이 이처럼 여러 플랫폼을 대상으로 서비스를 개발하고 운영하시는데 어려움을 토로하시는 것으로 알고 있습니다. 실제로 네이티브 앱으로 개발을 하시다가 하이브리드 형태로 전환을 한 사례도 상당히 많이 있는 것으로 알고 있습니다. 그런측면에서 보자면 개발인력이 많지 않은 스타트업에서 여러 플랫폼을 같이 개발하고 서비스 하시는 데에는 상당한 부담이 있을 것으로 생각됩니다.

김영재: 네이티브 앱과 하이브리드 앱은 말씀하신 것과 같은 고유의 장단점이 있습니다. 하지만 저희가 네이티브 앱 개발로 방향을 선회한 것은 플랫폼의 특징을 최대한 살려서 사용자들이 쾌적하게 앱을 사용할 수 있도록 하기 위함이었습니다. 그래서 실제로 각각의 플랫폼에서 수행되는 앱들은 미세한 차이들이 있는데요, 예를 들면 삼성 갤럭시 제품군에는 폭넓게 펜이 지원되기 때문에 이 제품을 사용하시는 분들은 질문과 답변을 하실 때 펜을 활용하실 수 있도록 하였고요, iOS의 경우에는 iOS 고유의 이쁘고 아기자기한 디자인을 최대한 살릴 수 있도록 디자인 하였습니다. 윈도우 스토어 앱의 경우 넓은 화면을 최대한 활용할 수 있도록 UX를 구성하였습니다. 하이브리드 앱의 경우 성능에도 문제가 발생할 가능성이 높고, 기능적으로도 제약이 있을 수 밖에 없는 것 같습니다. 여러 플랫폼에 쉽게 대응할 수 있는 장점이 있을지 모르나, 그 결과는 항상 80점에 머무르는 것이지요. 저희 같은 스타트업의 성패는 결국 그 나머지 20점을 어떻게 얻느냐 하는 것이라 생각합니다. 누가나 저희와 유사한 서비스를 시작하실 수 있고, 이미 서비스 중인 유사 앱이 있지만, 그에 비해 저희가 시장에서 앞서 나갈 수 있었던 기술적인 배경에는 네이티브 앱으로의 전환도 한 몫을 했다고 자평할 수 있을 것 같습니다. 빠르고 쾌적한 환경이 주는 사용자 충성도는 무엇과도 바꿀 수 없는 부분이라고 생각합니다. 개인적으로 소이치로 혼다(혼다 설립자)의 “One model, One Engine”라는 철학을 존경합니다. 각 차마다의 개성을 최대한 발현하기 위한 고유의 엔진이 필요하다는 의미인데, 앱과 플랫폼에 견주어서도 생각해 볼 수 있지 않을까 합니다. 여러 플랫폼을 지원하는 것이 기술적으로 난이도가 높고 개발 인력의 확보나 앱의 유지 보수에 어려움이 있을지는 모르나, 이러한 난관만 극복한다면, 이후에는 충분히 여러 훌륭하신 분들과 일할 수 있는 기회가 주어질 것으로 생각합니다. 회사가 일정 수준에 오르지 않고는 이러한 기회가 절로 주어지지는 않을 것으로 생각합니다.

김명신: 지난 마이크로소프트의 빌드 행사에서 다양한 이기종 플랫폼을 지원하기 위한 마이크로소프트의 전략 발표가 있었습니다. 그 중 가장 눈에 띄는 부분이 윈도우/윈도우폰/Xbox one까지를 아우르는 유니버셜 앱 개발과, 안드로이드, iOS, 윈도우 플랫폼 모두에서 C#등의 단일 언어로 코드를 개발할 수 있는 Xamarin(자마린) 프레임워크Roslyn의 오픈소스화 등이 있었는데요. 그 중 Xamarin과 같은 전략으로 여러가지 플랫폼에 대응하는 방식에 대해서는 어떻게 평가하고 계신가요?

김영재: Xamarin의 전략은 기본적으로 네이티브 개발 전략의 일환으로 볼 수 있습니다. Xamarin 그 자체의 장점은 앱의 로직을 단일 언어를 이용하여 작성할 수 있다는 것이겠지만, 여전히 개별 플랫폼의 특성에 대해서는 잘 알고 있는 전문가가 반드시 필요합니다. 플랫폼이나 개발 언어의 초급자가 여러 플랫폼을 지원할 수 있다는 장점만을 보고 시도하기에는 어려움이 있을 것으로 생각합니다. 하지만 플랫폼의 이해도가 일정 수준 이상이라면 1.5배의 노력으로 2배의 플랫폼을 지원할 수 있는 좋은 대안이 될 수 있으리라 생각합니다.

김명신:”바로풀기” 앱의 서버 측 구성에 대해서도 말씀해 주실 수 있을런지요? 다양한 플랫폼의 클라이언트를 지원하기 위한 나름이 비책이 있으실 것도 같습니다.

김영재: 서비스를 처음으로 시작할 때에는 KT 유클라우드를 이용하였습니다만, 서버 측 Blob 저장소를 구성하는 데 있어 제공되는 기능이 크지 않아 다양한 클라우드 플랫폼을 살펴보던 중, Microsoft Azure의 Storage Service를 접하였습니다. 유클라우드나 아마존의 IaaS를 중심으로 하는 클라우드 사업자에 비해서 Microsoft Azure는 PaaS를 그 중심축에 두고 있어서 저희 같은 Startup에게는 가장 적합한 클라우드 서비스라고 판단하였습니다. 유클라우드는 국내에 데이터센터가 있어서 네트워크 속도가 빠르고, 다른 클라우드 서비스에 비해서 가격이 저렴한 장점이 있습니다. 반면 비교적 안정성에 있어서 약간 실망스러운 결과를 보여주기도 하고 개발 플랫폼으로서의 장점을 거의 제공해 주지 못하였습니다. 그에 비해 Microsoft Azure는 네트워크 속도는 저희 서비스를 하는데 있어 부족함이 없고, 무엇보다 개발자 친화적인 개발환경과 편의성, 풍부한 플랫폼 API등이 있어서 낙점을 하였습니다. 지금은 모든 서버를 Microsoft Azure에 올려두었고, 이번 발표에서 세부적인 내용을 보여드리려고 준비 중에 있습니다. 저희가 처음으로 Microsoft Azure를 사용할 때에는 관리포털에 메뉴가 5가지 정도 밖에 없었는데 지금은 10개가 훨씬 넘는 메뉴들이 제공되고 있지요. 플랫폼이 진화하고 발전하는 모습을 보면서 저희에게 적합�� 기능들을 살펴보는 재미도 있습니다. 최근에는 WebJob과 같은 기능을 이용하여 저희 서비스를 개선하는 작업을 준비 중에 있기도 합니다.

김명신: Microsoft Azure가 특히 Startup에 적합하다고 판단하신 이유는 무엇일까요?

김영재: 실제로 Startup을 위한 개발 환경과 플랫폼은 빠르게 서버를 개발/구축하고, 서비스를 할 수 있어야 한다고 봅니다. 다양한 전문가를 모실 수 없기 때문에, 클라우드 서비스 업체가 가능한 많은 부분들을 기본 기능으로 제공해 주는 것이 좋습니다. 이러한 관점에서 IaaS와 같이 시스템의 설치나 구성, 운영에 시간을 쏟아야 하는 클라우드 서비스 보다는 PaaS와 같은 고수준의 서비스가 더욱 적합하리라 봅니다. 하지만 제품의 우수성과 상관없이 Microsoft Azure에 대한 마케팅 방식은 여전히 개선의 여지가 많이 있으리라 보이고, 적용사례나 한글 자료도 부족함이 있어 보입니다.

김명신: 조금 다른 관점에서 이야기를 나누어 보았으면 합니다. “바로풀기”는 모바일 플랫폼들을 중심으로 서비스를 하고 있다고 말씀해 주셨는데요. 최근에 국내 모바일 시장은 게임이 전부다라고 말해도 과언이 아닐 만큼, 기업의 숫자도 많고, 마켓의 크기도 큰 것 같습니다. 모바일 시장이 이와 같이 특정 산업에 편중되는 것은 바람직한 것은 아닐 것 같다는 생각이 있습니다. 이점에 대해서는 어떤 의견을 가지고 계실까요?

김영재: 사실 게임 중심의 모바일 시장은 안타깝습니다. 말씀 하신 바와 같이 특정 산업에 편중되는 것이 문제이기도 하거니와 상호작용하는 서비스들의 비중이 턱없이 적습니다.해외의 성공사례들을 살펴보면 각각의 기업체들이 자신이 가장 잘 하는 부분에 집중하고 그들이 융합하고 결합하여 시너지를 내고 그 안에서 다시 생태계가 구축되고, 지속적으로 변화 발전하는 등 역동적인 모습들이 보입니다. 그에 비해 한국의 모바일 시장은 퍼블리셔와 게임 개발사 등이 수직적으로 결합하여 빠르게 시장에 진입하여 수익을 창출하고 빠져 나가는 구조가 반복된다고 생각됩니다. 이는 모바일 시장이라는 관점에서 살펴보았을 때, 수익 창출 이외의 건전한 모바일 생태계의 구축과 발전의 측면에서는 바람직하지 않다고 생각하고 있습니다. 0842_2500_7824_clip_image004_thumb_55AC0446_thumb_1BE29F68_001A45D7최근 들어 카카오톡이나, 네이버, 다음 등에서도 일부 서비스들을 오픈하는 등 긍정적인 노력들이 보이는데 이러한 노력들이 한시적인 유행이 아니라 지속 발전 되었으면 하는 바램이 있습니다.

김명신: 오랜시간 인터뷰에 응해 주셔서 감사합니다. 이번 테크데이즈 미니 토요세미나에서 Microsoft Azure Service Bus에 대한 주제로 발표를 맡아 주신 점에 감사 드리고, 차질 없이 준비할 수 있도록 하겠습니다.

김영재: 네 발표 기회를 주셔서 저도 영광이고요, 좋은 내용을 발표할 수 있도록 최대한 노력하겠습니다. 많은 분들께서 참석하시면 좋겠습니다. 감사합니다.

 

테크데이즈 미니 토요세미나 안내

Visual Studio 2013 Update 2 RC ??? Azure SDK 2.3 ?????

このポストは、4 月 9 日に投稿された Deep dive: Visual Studio 2013 Update 2 RC and Azure SDK 2.3 の翻訳です。

編集メモ: 今回は、クラウド プラットフォーム ツールおよび Azure 開発者エクスペリエンス PM チームによる記事をご紹介します。

先日、Visual Studio 2013 Update 2 RC および Azure SDK 2.3 for .NET のリリースについてこのブログで発表しましたが、今回は Azure での開発に使用されるこれらの機能の詳細についてご紹介します。

Visual Studio 2013 Update 2 RC [ダウンロード (英語)]

  • 開発/テスト環境: Web アプリケーション用の開発/テスト環境 (Azure Web サイトまたは仮想マシン) を作成し、自動化された PowerShell デプロイメント スクリプトを生成します。
  • JSON エディター: リソース マネージャーのテンプレートの編集時に、IntelliSense をサポートする新しいエディターを使用できます。
  • モバイル サービス: リモート デバッグなどの .NET の機能がサポートされます。
  • 通知ハブ: テスト通知を送信します。

Azure SDK 2.3 for .NET [ダウンロード (英語)]

Azure SDK 2.3 を追加インストールすると、以下の機能も使用できます。

  • 仮想マシン: ネイティブ コードおよびマネージ コードのリモート デバッグ機能や、サーバー エクスプローラーで仮想マシンを作成する機能を利用可能です。
  • Web サイト: リモートでファイルやログを表示、編集できると共に、改良された Web 発行エクスペリエンスを使用して簡単に Web を発行することができます。
  • クラウド サービス: Emulator Express の一般提供が開始され、「標準ユーザーとして実行」のサポートおよびネイティブ コードのリモート デバッグが可能になります。
  • ストレージ: 更新されたストレージ エミュレーターとストレージ クライアント 3.0 がリリースされ、新しいプロジェクトが利用できるようになります。
  • PowerShellX-Plat CLI.NET の自動化 (Azure SDK 2.3 から個別にダウンロード): リソース マネージャーのほか、Web サイト、クラウド サービス、仮想マシンの自動化に使用する多数の新規コマンドなどがサポートされます。

開発/テスト: Web サイトと仮想マシンを使用した Web アプリケーションの開発およびテスト

Visual Studio で新しい ASP.NET アプリケーションを作成する際に、Azure Web サイトと仮想マシンを簡単に作成して、開発およびテストのターゲット環境として利用できるようになりました。また、これらのリソースを作成する際に PowerShell スクリプトおよび JSON 構成ファイルも利用できるようになり、リソースの追加インスタンスのプロビジョニングや、Azure へのアプリケーションのデプロイが可能になります。これらのスクリプトは Visual Studio で編集し、開発者のデスクトップで実行して、TFS ビルド定義や PowerShell を利用するその他のリリース管理ツールで使用することができます。

この新機能は、下記の [New ASP.NET Project] ダイアログで確認できます。

[Web Site] を選択した場合、Web サイトの他に、リンクされたデータベースも作成できます。

[Virtual Machine] を選択した場合、仮想マシンの作成には MSDN イメージ (MSDN サブスクライバーのみ利用可能)、Windows Server 2012 などのプラットフォーム イメージ、サブスクリプションで利用可能なユーザー独自のカスタム イメージを使用できます。

また、Web 開発用の仮想マシンを自動的に構成することもできます。仮想マシンにリモート デスクトップ接続する必要はなくなり、IIS、ASP.NET、デバッグ、トレース、Web デプロイの有効化を自動的に設定して、発行を自動化することができます。アプリケーションをオンプレミスで実行する場合も Azure で実行する場合も、Web 開発に必要な仮想マシンを Visual Studio で作成および構成できます。

アプリケーションをデプロイしたら、オンプレミスのアプリケーションと同様にデバッガーをアタッチできます。詳細については、「仮想マシン: リモート デバッグ」セクションを参照してください。

Visual Studio から PowerShell を活用した開発/テスト環境の作成

リソースの作成に加えて、Visual Studio では Web サイトや仮想マシンの作成とデプロイに PowerShell スクリプトと JSON 構成ファイルを使用できます。

また、Visual Studio で提供される構成ファイルは簡単に複製することができ、Web サイトや仮想マシンのさまざまなインスタンスを作成したり、以下の図のように、Azure Web サイトのステージング機能を活用したりすることができます。これらの JSON ファイルは、Visual Studio 2013 Update 2 RC の一部としてリリースされた新しい JSON エディターで編集できます。詳細については、下記の「JSON エディター」セクションを参照してください。

新しく PowerShell の色づけをサポートする Visual Studio IDE で PowerShell スクリプトを編集することもできます。

Web の発行の更新

今回のリリースでは、Web の発行ダイアログに対して、Azure 仮想マシンに直接 Web サイトを発行する機能など、複数の新機能を追加しました。また、Web サイトと仮想マシンを最初のダイアログに表示することで、Azure への発行をより簡単にしました。

Azure Web サイトまたは仮想マシンを発行するには、対応するボタンをクリックします。.publishsettings ファイルをインポートする場合は、これまでどおり [Import] ボタンを使用できます。その他の場合は、[Custom] ボタンをクリックして、設定を手動で指定することができます。

JSON エディター

Visual Studio 2013 Update 2 RC のリリースには JSON エディターが含まれ、JSON スキーマがサポートされています。JSON ファイルを使用する場合、Visual Studio では $schema キーワードで指定された場所からスキーマ ファイルを自動的にダウンロードします。そのため、プロジェクトや Visual Studio を更新しなくても、JSON ファイルに対応する最新の IntelliSense を利用できます。

Azure リソース マネージャー (英語) のテンプレートは $schema キーワードを含む JSON ファイルなので、(エディター上部のドロップダウン メニューに表示されるように) Visual Studio によってスキーマが自動的にダウンロードされ、これらのファイルを編集する際に IntelliSense が利用できます。下記の例では、Azure SQL データベース サーバーのプロパティに IntelliSense が表示されています。

モバイル サービス: .NET のサポートとリモート デバッグ

Visual Studio 2013 Update 2 RC では、.NET および.NET フレームワークを使用したバックエンドのモバイル サービス ロジックの作成も完全にサポートしています。

.NET モバイル サービスを利用するのは簡単です。[New Project] ダイアログ ([File] -> [New] -> [Project]) の [Web] ノードから [ASP .NET Web Application] プロジェクト テンプレートを選択します。そして、[New ASP.NET Project] ダイアログで [Azure Mobile Service] を選択するだけです。

.NET モバイル サービス プロジェクトが表示されます。これは、カスタマイズされた ASP.NET Web API プロジェクトで、モバイル サービス NuGet パッケージとサンプルのコントローラーが追加されています。

ローカルでのモバイルサービスの実行

他の Web プロジェクトと同様に、.NET モバイル サービス プロジェクトもローカルで実行することができます。プロジェクト内のサンプルの TodoItemController.cs を開きます。このコントローラーは、モバイル サービスで提供される組み込みの TableController<T> .NET クラスの使用方法を示しています。Visual Studio で GetAllTodoItems() メソッド内にブレークポイントを設定して F5 キーを押すと、モバイル サービスがローカルで実行されます。

モバイル サービスには、作成した API を表示およびテストできるヘルプ ページが含まれます。ヘルプ ページで、[try it out] リンクをクリックしてから [GET tables/TodoItem] リンクをクリックします。次に、[GET tables/TodoItem] ページで [try this out] と [send] をクリックします。ご想像のとおり、先ほど設定したブレークポイントで停止します。

スキャフォールディングの追加

[Add Scaffold] ダイアログ (プロジェクトを右クリックして [Add] -> [New Scaffolded Item] を選択) から、Web API、OData、モバイル サービスのスキャフォールディングを追加できます。

Azure へのモバイルサービスプロジェクトの発行

モバイル サービスの開発が完了したら、Azure に発行することができます。プロジェクトを右クリックして、[Publish] コマンドを選択します。発行ウィザードから新規または既存のモバイル サービスを発行できます。

リモート デバッグ

クラウド サービス、仮想マシン、Web サイトと同様に、Azure でモバイル サービスのリモート デバッグをリアルタイムに実行できます。モバイル サービスのリモート デバッグを行うには、モバイル サービスを再度発行し、発行ウィザードで [Configuration] を [Debug] に設定します。

モバイル サービスを発行してクラウドで実行されたら、ローカルのソース コードにブレークポイントを設定してから、サーバー エクスプローラーでデプロイされたモバイル サービスのインスタンスを右クリックし、[Attach Debugger] を選択します。モバイル サービスにデバッガーをアタッチすると、クラウドで実行されているアプリケーションのデバッグに Visual Studio の強力なデバッグ機能を使用できます。

通知ハブ: テスト通知の送信

以前のモバイル サービス ランタイムのリリースでは、通知ハブを新規作成して各モバイル サービスと統合することで、メインストリームのモバイル開発で通知ハブを利用できるようにしました。今回のリリースでは、Visual Studio でテスト メッセージを送信できる便利なトラブルシューティング ツールが追加されました。テスト メッセージを送信するには、サーバー エクスプローラーを開き、[Notifications Hubs] ノードの通知ハブを右クリックして、[Send Test Notifications] を選択します。

通知ハブ ウィンドウでは、特定のタグまたはすべて (ブロードキャスト) を選択し、10 件の登録先にランダムにメッセージを送信できます。カスタム テンプレートを使用して、Windows ストア、Windows Phone、Android、iOS、クロス プラットフォームのメッセージまで、豊富なテンプレートから選択することができます。[Send] をクリックするとすぐに送信結果が表示され、メッセージが正常に送信されたかどうかを確認できます。

仮想マシン: サーバー エクスプローラーでの仮想マシンの作成

サーバー エクスプローラーからは、仮想マシンを直接作成することもできます。[Virtual Machines] ノードのコンテキスト メニューから [Create Virtual Machine] を選択します。

[Create New Virtual Machine] ウィザードでは、仮想マシンを作成するための一連の詳細な手順が表示されます。このウィザードの最初のページでは、仮想マシンを作成する際に使用するサブスクリプションを選択できます。サブスクリプションのドロップダウン メニューには、現在サインインしている資格情報でアクセスできるすべてのサブスクリプションが表示されます。別の資格情報でサインインする場合は、サブスクリプションのドロップダウン メニューから [Manage…] を選択します。

次のページでは、仮想マシンの作成に使用するイメージを選択できます。[Image Type] ドロップダウン メニューを使用して、プラットフォーム イメージ、MSDN イメージ、ユーザー独自のカスタム イメージのいずれかを選択します。選択したイメージの詳細が右側に表示されます。

使用するイメージを選択した後、ウィザードには次の 3 つのページが順に表示されます。

  • [Machine Settings] – 仮想マシンの名前、サイズ、管理者のユーザー名およびパスワードなど、基本的な設定を入力します。
  • [Cloud Service] – 仮想マシンをインターネットに公開する方法を選択します。サブスクリプションで既にクラウド サービスを利用できる場合は、この仮想マシンを既存のクラウド サービスに追加できます。これにより、単一のクラウド サービスから複数の仮想マシンにトラフィックの負荷を分散できます。既存のクラウド サービスを選択した場合、この仮想マシンはクラウド サービス内の他の仮想マシンと同じネットワーク上に作成され、[Virtual Network] および [Subnet] フィールドは使用できなくなります。また、新規のクラウド サービスを作成することもできます。ストレージ アカウントの場合と同じように、既存のストレージ アカウントを利用するか、新しいストレージ アカウントを作成するかを選択できます。ストレージ アカウントは、仮想マシンに関連付けられている VHD を格納するために使用され、仮想マシンと同じリージョンまたはアフィニティ グループに配置する必要があります。他にも、特定の可用性セット内に仮想マシンを作成して、単一障害点の発生を回避することもできます。
  • [Endpoints] – 仮想マシンに必要となるエンドポイントを指定します。リモート デスクトップおよび PowerShell のエンドポイントが既定で追加されているため、仮想マシンに接続してリモートで PowerShell コマンドを実行できます。必要に応じて、これらのエンドポイントのポートを非標準のポートに変更したり、削除したりすることができます。仮想マシンでその他のサービスを実行している場合は、別のエンドポイントを追加することもできます。エンドポイントを追加するには、[Port Name] リストからサービスのタイプを選択し、[Add] ボタンをクリックします。エンドポイントを追加したら、名前、ポート、プロトコルを変更できます (名前とポートは一意である必要があります)。

エンドポイントの設定が完了したら、[Create] をクリックして仮想マシンを作成します。アクティビティ ウィンドウに進行状況が表示され、仮想マシンが作成されるとサーバー エクスプローラーに新しい仮想マシンが表示されます。

仮想マシン: リモート デバッグ

2.3 SDK では、仮想マシンのリモート デバッグの機能も新しく追加されました。サーバー エクスプローラーのコンテキスト メニューから、仮想マシンの特定のインスタンスに対してデバッグを有効化できます。

仮想マシンに対してリモート デバッグ拡張機能を有効化している間は、アクティビティ ウィンドウに進行状況が表示されます。これ以上ユーザーが設定を行う必要はありません。

仮想マシンでデバッグ拡張機能が有効になると、サーバー エクスプローラーのコンテキスト メニューからデバッガーをアタッチしたり、デバッグ拡張機能を無効にしたりできます。

[Attach Debugger…] を選択すると、[Attach to Process] ダイアログが表示され、デバッグする仮想マシンのプロセスを選択できます。[Select] ボタンをクリックして、デバッグするコードのタイプ (マネージ、ネイティブ、またはその両方) を選択することもできます。

リモート デバッグを有効にすると、仮想マシンに追加のエンドポイントが表示されます。これらのエンドポイントは、Visual Studio がリモート デバッグ エージェントを利用する場合に使用されます。

Web サイト: リモートでの表示および編集

以前のリリースでは、サーバー エクスプローラーからの Azure Web サイトの表示および管理のサポートを追加しましたが、今回のリリースでは、サーバー エクスプローラーから Web サイト ファイルおよびログ ファイルをリモートで表示できるようにしました。また、サイトを発行しなくても変更内容を保存できるようになっています。これは、ローカル プロジェクトを変更せずに、サイトを一時的に変更する場合 (Web.config を customErrors mode=”off” に更新する場合など) に便利です。

サーバー エクスプローラーで各 Web サイトを展開すると、ファイルとログ ファイルのノードが表示されます (下記の画像を参照)。

ファイルをダブルクリックすると、ダウンロードされて Visual Studio で開かれます。元の Azure Web サイトに変更を保存する場合は、[Save] ボタンをクリックします。すると、下記の画像のような確認ダイアログが表示されます。

次回以降に確認ダイアログを表示しない場合は、[Don’t ask again] チェックボックスをオンにします。

また、ファイルをダブルクリックすれば、ログ ファイルを表示できます。ファイルの編集内容はローカルに保存されます。Visual Studio からログ ファイルをリモートで編集することはできません。

クラウド サービス: Emulator Express を使用したローカル デバッグ

SDK 2.3 のリリースに伴い、Emulator Express の一般提供開始が発表され、新しいクラウド サービス プロジェクトの既定のコンピューティング エミュレーターとなりました。Emulator Express では、標準ユーザーとしてクラウド サービス プロジェクトをローカルで実行できます。つまり、クラウド サービスを作成およびデプロイするために、管理者として Visual Studio を実行する必要はありません。

SDK 2.1 でプレビュー版としてリリースされたこの軽量のエミュレーターは、完全なエミュレーターよりもリソースの使用量が少なく、マルチロール/シングル インスタンスのシナリオをサポートします。

クラウド サービス: リモート デバッグ

今回は、クラウド サービスのリモート デバッグの一般提供開始も発表されました。今回のリリースでは、ロールまたはインスタンスの任意のプロセスにアタッチする機能や、ネイティブおよび相互運用 (マネージとネイティブ) のデバッグのサポートなど、デバッグ機能にも複数の機能が追加されています。クラウド サービスのリモート デバッグも、発行プロセスの一環として、発行ウィザードから引き続き利用できます。

クラウド サービスを発行したら、コード内のデバッグを開始する場所にブレークポイントを設定し、サーバー エクスプローラーから [Attach Debugger] を選択します。[Attach Debugger] は、ロール レベルまたはインスタンス レベルから選択できます。

この操作により、新しい [Attach to Process] ダイアログが表示されます。仮想マシンのデバッグの場合と同様に、[Attach to Process] ダイアログにはインスタンスで実行中のすべてのプロセスが表示されます。デバッガーをアタッチするプロセスを選択します。今回の例では Web アプリケーションなので、[w3wp.exe] を選択します。デバッグするコードのタイプも選択できます。この例では、相互運用デバッグを利用するために、[Managed (v4.5, v4.0)] と [Native] をオンにします。

ブレークポイントで停止したら、デバッガーを使用して、コードのステップスルーや [Autos] ウィンドウといった一般機能を利用できます。

マネージ コードがプロジェクトで参照されているネイティブ コードの関数を呼び出す場合は、下記の画像のように、マネージ コードからネイティブ コードにステップインして、ネイティブ コードのデバッグを続けることができます。

ストレージ: 新しいプロジェクトで利用できる更新されたエミュレーターと Storage Client 3.0

Azure SDK 2.3 には、以前のリリースで NuGet のみに含まれていた .NET 3.0 用ストレージ クライアント ライブラリが追加されました。このライブラリには、テーブル使用時の JSON プロトコルのサポートや、読み取りアクセス地理冗長ストレージ (RA-GRS) など、2013 年 11 月にリリースされた新機能との互換性が追加されています。また、ストレージ エミュレーターでも JSON や CORS といった 2013 年 11 月の REST の機能をサポートするようになりました。詳細については、Azure ストレージ クライアント ライブラリ 3 (英語) を参照してください。

PowerShell の機能強化

先日、Azure PowerShell 0.8.0 も公開されました (個別にダウンロード)。Azure PowerShell は頻繁に公開され、SDK 2.2 以降、多数のリリースが提供されてきました。完全な変更ログは、こちら (英語) からご覧いただけます。ダウンロード可能な 2.2 以降の最新の Azure PowerShell の機能強化には、下記の内容が含まれます。

  • Azure リソース マネージャー (英語) のサポート
  • ExpressRoute のサポート
  • HDInsight のサポート
  • スケジューラのサポート
  • 仮想マシン: 新しい拡張コマンドレット
  • クラウド サービス: 新しい拡張コマンドレット
  • Web サイト
    • ステージング発行のサポート
    • Web ジョブのサポート
  • ストレージ
    • 新しいメトリックスおよびログ記録コマンドレット
    • 新しい SAS トークン コマンドレット
  • ネットワーク
    • 新しい予約済み IP コマンドレット
    • 新しい静的 IP コマンドレット
    • Azure パックの仮想マシンのサポート

PowerShell: リソース マネージャーのサポート

最新の PowerShell 0.8.0 リリース、X-Plat CLI (英語).NET クライアント ライブラリ (英語) は、いずれも新しいリソース マネージャー (英語) をサポートしています。ここでは、PowerShell でのサポートについて説明します。

PowerShell でリソース マネージャーを使用するには、PowerShell コンソールを開いて下記を実行します。

Switch-AzureMode AzureResourceManager

これにより、Azure PowerShell でリソース マネージャーが使用されるように設定されます。Service Management API を使用するように設定し直す場合には、Switch-AzureMode AzureServiceManagement を実行します。

その後、下記のコマンドレットを使用して、利用可能なリソース マネージャーのコマンドレットをすべて表示します。

PS C:> help azure

ローカルの JSON テンプレートファイルによるリソースグループの作成

テンプレートを使用してリソース グループを作成するには、下記のコマンドレットを使用します。

PS C:> New-AzureResourceGroup 
-Name testrg -Location "West US" -TemplateFile .WebSiteAndSQLDatabase.json -StorageAccountName teststorage -siteName testsite
-hostingPlanName testplan -siteLocation "West US" -sku Free -workerSize 0 -serverName testsql serverLocation "West US"
-databaseName db -collation SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS -administratorLogin scottgu -Verbose

cmdlet New-AzureResourceGroup at command pipeline position 1
Supply values for the following parameters:
(Type !? for Help.)
administratorLoginPassword: ***********

リソース グループの作成中には次のステータスが表示されます。

VERBOSE: 3:31:36 PM - Create resource group 'testrg' in location 'West US'
VERBOSE: 3:32:03 PM - Uploading template 'Microsoft.WebSiteSQLDatabase.0.1.0-preview1.json' to https://teststorage.blob.core.test-cint.azure-test.net/deployment-templates/20140324_223203_WebSiteAndSQLDatabase.json?sv=2013-08-15&sr=b&sig=lchiNTgZZpVH/FDgbQderQYv+UL/dqpD5ZbB24d5A+M=&st=2014-03-24T22:27:03Z&se=2014-03-25T22:32:03Z&sp=r.
VERBOSE: 3:32:04 PM - Template is valid.
VERBOSE: 3:32:05 PM - Create template deployment WebSiteAndSQLDatabase' using template https://teststorage.blob.core.test-cint.azure-test.net/deployment-templates/20140324_223203_WebSiteAndSQLDatabase.json?sv=2013-08-15&sr=b&sig=lchiNTgZZpVH/FDgbQderQYv+UL/dqpD5ZbB24d5A+M=&st=2014-03-24T22:27:03Z&se=2014-03-25T22:32:03Z&sp=r.
VERBOSE: 3:32:24 PM - Resource Microsoft.Sql/servers 'testsql' provisioning status in location 'westus' is Succeeded
VERBOSE: 3:32:24 PM - Resource Microsoft.Web/serverFarms 'testplan' provisioning status in location 'westus' is Succeeded
VERBOSE: 3:32:30 PM - Resource Microsoft.Sql/servers/databases 'testsql/db' provisioning status in location 'westus' is Succeeded
VERBOSE: 3:32:30 PM - Resource Microsoft.Sql/servers/firewallrules 'testsql/AllowAllWindowsAzureIps' provisioning status in location 'westus' is Succeeded
VERBOSE: 3:32:37 PM - Resource Microsoft.Web/Sites 'testsite' provisioning status in location 'westus' is Succeeded
VERBOSE: 3:32:45 PM - Resource Microsoft.Web/Sites/config 'testsite/web' provisioning status in location 'westus' is Succeeded
 
ResourceGroupName : testrg
Location          : West US
ProvisioningState : Succeeded
Resources         :
                    Name             Type                        Location
                    ==========  =========================        ========
                    testsql     Microsoft.Sql/servers            westus
                    testsql/db  Microsoft.Sql/servers/databases  westus
                    testplan    Microsoft.Web/serverFarms        westus
                    testsite    Microsoft.Web/sites              westus

指定したテンプレート ファイルに応じて、“siteName” などのパラメーターがコマンドレットに動的に追加されています。この優れたコマンドレットでは、テンプレートを解析して、パラメーターの名前、型、許容値が取得されます。その結果、タブ補完や構文チェックといった PowerShell のあらゆる便利な機能を利用できるようになります。さらに、テンプレートに含まれる “securestring” 型のパラメーターは PowerShell SecureString として処理されるため、資格情報を安全に指定することができます。

動的パラメーターの代わりに、TemplateParameterObject を使用してパラメーターのハッシュ テーブルを指定したり、TemplateParameterFile を使用してパラメーター ファイルを指定したりすることができます。

ギャラリーを使用したリソースグループの作成

ローカルのテンプレート ファイルを使用する以外に、ギャラリーからも直接テンプレートを簡単に使用できます。下記のコマンドレットを使用して、利用またはカスタマイズするギャラリー テンプレートを検索またはダウンロードすることができます。

# List all the gallery templates published by Microsoft
Get-AzureResourceGroupGalleryTemplate -Publisher Microsoft

# Get detail information of a particular template
Get-AzureResourceGroupGalleryTemplate -Identity Microsoft.WebSiteSQLDatabase.0.1.0-preview1

# Download a particular template
Save-AzureResourceGroupGalleryTemplate -Identity Microsoft.WebSiteSQLDatabase.0.1.0-preview1

また、New-AzureResourceGroup コマンドレットの GalleryTemplateIdentity パラメーターを使用して、ギャラリー テンプレートから直接リソース グループを作成することもできます。この場合も、もちろん動的パラメーターは有効になります。

リソース グループの作成後、Get-AzureResourceGroup を使用するとリソース グループの情報を表示できます。Get-AzureResourceGroupDeployment を使用すると、テンプレートのデプロイ履歴の詳細が表示されます。また、Get-AzureResourceGroupLog を使用すると、すべての操作の詳細ログを取得して、診断に役立てることができます。

まとめ

Visual Studio 2013 Update 2 RC (英語) と Azure SDK 2.3 のリリースにより、優れたクラウド アプリケーションの開発がますます簡単になりました。Azure デベロッパー センターに日々追加される .NET 開発者向けリソース (英語) を参考とし、Azure SDK 2.3 リリースを利用することで、今まで以上に楽しみながら効率的に開発作業を進めることができます。

Azure アカウントをお持ちでないお客様は、無料評価版にサインアップして、上記のすべての機能を今すぐお試しいただけます。これらの機能を使用したアプリケーションの構築方法の詳細については、Azure デベロッパー センターをご覧ください。